うつ病を克服して快適な生活を手に入れる|病気について知ろう

悩む前にカウンセリング

カウンセリングと方法

診断

うつ病を一人で克服すると言うのは非常に難しい事になるので、しっかりと精神科に行くようにしましょう。診断をしてもらいアドバイスやカウンセリングをしてもらうと克服する事ができる場合が多いです。自分で行う場合は軽い運動などを行ってみましょう。

View Detail

気持ちの部分

病院

うつ病の方はネガティブに考えてしまう事を避けなくてはなりません。最初は家族や友人に相談をする事をおすすめしますが、環境が良くならない、または相談をする事ができないと言う方は病院に行って精神科を受診すると克服する事ができます。

View Detail

心の病をどう治すか

カウンセリング

作業療法が重要です

うつ病を克服したいと思った場合、精神科病院の医師や看護師などの専門家と共に治療に当たる事が重要です。うつ病を克服するための治療には様々なものがあって、抗精神病薬や抗不安薬、抗うつ薬などといった薬物を使用する薬物療法が代表格です。それ以外に、誰しもが持っている物事の捉え方の偏りを改善する認知行動療法、そして作業をするなかで疾患の症状を緩和させる作業療法があります。うつ病克服にはどれも非常に大切ですが、一番身近な治療方法は作業療法です。人間は何かをしているときに、ほかの何かにあまり集中できないという傾向があります。うつ病の場合、急性期においては薬の内服と十分な休養が必要になります。これは心の疲れを取り除くことが重要だからです。しかし、回復期においては、日常生活に適応するために精神状態を日常に慣らしていく必要があります。作業療法は与えられた作業に集中してもらうことで、うつ病からくる否定的な考え方や抑うつ気分に集中できなくする治療方法です。また作業内容によって、日常生活の様々な場面を体験することで、退院後の生活の見通しを持つこともできます。そのために作業療法では料理や洗濯、時には畑仕事まで行うことで、症状の緩和と患者の社会復帰を援助しています。

病気の特徴を知ろう

うつ病を克服しようと考えるなら、まずは病気とその治療方法を知ることが重要になってきます。うつ病は気分障害を主な症状とした疾患です。なぜ発症するのかは分かっていません。ストレスが発症誘因なのはわかっていますが、例えば脳卒中などの脳血管疾患でも、予後にうつ病を発症することがあります。女性が子供を出産した後にも発症することがありますし、更年期障害などのようにホルモンによる自律神経の乱れでも発症します。うつ病の症状は抑うつ、意欲障害、思考力低下などです。抑うつとは、否定的な感情が多く、それをコントロールできない状態です。何をしても辛いとか、突然訳もなく泣き出してしまう感情失禁などが起こる状態です。意欲障害は物事への意欲が減少している状態です。具体的には、排尿したいがトイレに行く意欲がなく失禁するといったことが起こります。思考力低下は、物事を考える際に脳が動きづらくなる状態です。簡単な内容の指示なら実行できますが、少し複雑な指示を出したとき、内容が理解できなくて混乱してしまいます。このような症状はどれも近年、薬物療法でかなりコントロールが可能になっています。そのため、医師と十分に相談しながら自分に合った薬を探すことが重要です。

心の病に打ち克つために

カルテを持つ先生

うつ病は誰でもなり得る病気です。自分には縁がないと思っていても、日常生活の中に小さな兆候が潜んでいるものです。気づかず症状が進行してしまったとしても、精神科や心療内科を受診することでうつ病を克服すことは十分に可能です。

View Detail

心の健康を取り戻すまで

頭を抱える男性

さまざまなストレスが原因で、うつ病は発症します。多くの人は精神科や心療内科の受診を躊躇するうちに、症状が進行してしまいます。そうなると治療に時間がかかるようになりますが、確立されている治療法を粘り強く続けることによって、うつ病は十分に克服可能な病気なのです。

View Detail