うつ病を克服して快適な生活を手に入れる|病気について知ろう

医者

心の健康を取り戻すまで

頭を抱える男性

治療への道

全国にはうつ病に悩んでいる人が数多くいます。発症の原因はさまざまですが、最も多いのは仕事や職場の人間関係によるストレスが原因となっているケースです。仕事や職場以外にも学校や家庭のストレスが原因となることがあります。生活環境そのものに問題があるケースや、趣味の活動がストレスになっているケースも考えられます。うつ病を発症すると気分が落ち込み、何事にも喜びや興味を感じられなくなってくるものです。また疲れやすくなったり眠れなくなったり、理由もないのに不安を覚えたり、自己嫌悪を感じたりするのもうつ病の症状です。そのような症状に心当たりがあったら、一度病院を受診して医師に相談すべきです。しかしながら多くの人は、精神科や心療内科を訪れることに心理的な抵抗を抱いています。そのためにうつ病の症状が進行してしまい、治すのに時間がかかってしまう例も少なくないのです。身体疾患と同様に、うつ病も早い段階で治療を開始すればするほど早く治る可能性が高くなります。どちらにしても精神科や心療内科を訪れることから、うつ病克服への道はスタートします。医師は数多くの症例を見てきているので、正確な診断さえ下すことができれば、患者の症状に合わせた最適な治療を実施してくれます。

焦らず時間をかけて治す

仮に症状が進行している場合でも、うつ病は十分に克服が可能な病気と言えます。治療方法は確立しており、高度な知識と技術を持った医師も患者を強力にバックアップしてくれます。うつ病の発症に脳内神経伝達物質の活動低下が関わっていることは、科学的にも解明されています。神経伝達環境を改善させるために、抗うつ薬を中心とした薬物療法が患者に適用されます。病院によっては、脳に直接磁気刺激を与えて血流や代謝を促す最新治療法を導入しているところもあります。こうした生理学的な治療と併用して、心理療養や休養、環境改善といった心の治療が行われます。ある程度症状が進行したうつ病患者は、心の健康を取り戻すのに時間がかかる例も少なくありません。むしろ焦らずに、じっくり時間をかけて治してことが大切です。長い間のストレスが原因でうつ病を発症した心を健康な状態に戻すためには、同じように長い時間を要するものなのです。うつ病克服への道は決して平坦ではないかもしれません。それでも粘り強く治療を続けていけば、症状も少しずつ改善されていきます。病院でしっかりと治療し、また自分の心と向き合うことで、うつ病はいつか必ず克服できる病気なのです。数多くの症例がそのことを証明しています。新たな克服例を刻むためにも、まずは精神科か心療内科を訪れることが最初の一歩になります。